question_answerお問い
合わせ

初心者必見!これから始めるギターの選び方

2018年1月22日 ギター

コラム初登場です。RenSミュージックスクール、ギター講師の梶原です。
どうぞよろしくお願いいたします。

今回は細かいことは抜きに一本目のギターを選ぶ際の参考になればと思います。

ギターの種類

まずざっくり大きく分けてギターは二種類あります。

◯エレキギター

電気の力で音を大きく出す仕組みのギターですね。
本体以外にもケーブルやアンプ(スピーカー)などが必要になります。

◯アコースティックギター

対して本体の共鳴のみで音を出しているギターです。
そのままでも結構大きな音が出ます。

双方ともになんだかんだテレビなどで見たことがあると思います。

選び方その1.やりたいことで選ぶ

最初に自分がどんな音楽をやりたいのかで選んでみましょう。

◯時代はバンド!ロックしたい!!

→エレキでしょ!
 バンドがやりたい方のほとんどはエレキでしょう、迷うことなし!!
 好きなバンドのギタリストと似てるものを選ぶもよし!

◯弾き語りがしたい!目指せmiwa!!

→アコースティックギターがいい!
 あの独特の生音はエレキでは絶対に出せません。
 サイズが本当にいろいろあるので必ず実際に持ってみること!!

選び方その2.見た目で選ぶ

まだやりたいこととかないし、どうしよう?

もういっそのこと見た目で気に入ったギターで始めちゃおう!
スゴイ雑に聞こえますがやはり見た目は重要です。
気に入ったものを使っているとモチベーションも上がりますしね。

ただしばらく使うことになるので後悔なきように…

選び方その3.自宅の環境で選ぶ

それでもどちらかに決められないそんな方は、
自宅での練習ができるかどうかで決めてみるのもいいかなと思います。

◯マンション、アパート住まい

やはり騒音の苦情が来るかもしれませんね、忙しくて夜しかできないという方も。

→エレキギターにしてみましょう。
 最近はエレキに接続してヘッドフォンにそのまま出力してくれる機器があります。
 実際の音は最小限になりますね。

→サイレントギターという手もあります。
 これならアコギも可能!


 
◯少しくらいなら大きい音出しても大丈夫な方

それでも騒音苦情はあると思いますのでもちろん配慮は必要ですよ。

→アコースティックにしてみては?
 もしやりたいことも決まっていなくてという方はアコースティックをおすすめ。
 アコギは比較的演奏に力がいるのでエレキに移ったときに楽に対応できます。

(こういう家ならどんな音量でも大丈夫そう)

選び方その4. 番外編

◯左利きの方

左利きの方は左利き用のギターを使用するか、そのまま右利き用を使用するかになります。
まだ始めていない方にとってはどちらでも問題ありません。

左利き用のギターは数が少なくギター選びの時は苦労します。
ですがやはり目立つことも出来ますね…どちらがいいかはアナタ次第。

◯クラシックギターがしたい方

ギター自体の仕様がポピュラーギターと結構違います。
ちゃんとクラシックギターを扱っているお店に行きましょう。
独立でクラシックのみ扱っているお店も多いです。

まとめ

さていかがでしょうか。

楽器を購入する際は是非、楽器屋さんに足を運んで実際に見たり触れたりしてください。
想像していたより重いとか意外と持ちにくいとか色々あります。
”なんとなくしっくりくる”くらいでいいので実際の印象を大事にしましょう。
大体の事情を相談するといい感じの物を出してくれますので恥ずかしがらずに店員さんに相談です。

みなさまいい楽器に巡り会えますように。

accessibility
この記事を書いた人

insert_drive_file
関連するコラム

今さら聞けない…!?代表的なギターを紹介!(エレキギター編)

ギター

前回はざっくりとギターを選んでみるという記事でしたが ※前回の記事はこちら↓ 「初心者必見!これから始めるギターの選び方」 今回は少し掘り下げてギターの機種にはどんなものがあるかを見ていきましょう。 まずエレキギターの世界で有名なメーカーというと、「Fender」と「Gibson」の二つの会社があります。 名前は聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。(知らないとモグリ扱いされます。)…

2018年2月10日

第1回「楽器体験ワークショップ」大盛況にて終了!

スクールブログ

暑い日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?? 先日、2017年8月11日に行われましたRenS(レンス)ミュージックスクール主催の「楽器体験ワークショップ」の様子を、こちらのスクールブログで紹介させていただきたいと思います! まず、この企画を打つきっかけになったのが、当スクールの生徒さんの一人から 「友達で、『楽器をやってみたいけど、どの楽器がどんな感じなのかわからないから二の足を踏…

2017年8月13日

ボイトレ① のどが苦しくなる理由と解決策

ボーカル

こんにちは。 ボイストレーニング講師のSATOです。 真面目に取り組んでいる人ほど、歌うたびに悩み、歌を楽しめなくなる苦しい時期を幾度も味わっている事でしょう。私は乗り越えたい壁が見えてきた人達の力になりたいと考えています。 今回はまず、ボイストレーニングのポイント①として、のどが苦しくなる理由と解決策について書きます。 のどが苦しくなる理由 歌っていて、のどが苦しくなることがあります。特に高い音…

2018年2月3日

ベースの魅力!まずは始めてみよう〜ご挨拶編〜

ベース

RenS(レンス)ミュージックスクールのコラムをご覧頂いている皆様、こんにちは。 スーパーノアというバンドでベースを担当している岩橋と申します。 この度、ベースという楽器についてコラムを書かせてもらう事になりました。 バンドにとって、とても重要なパート、ベース。 エレキベース、ウッドベースに問わず、ベースと呼ばれる楽器は色々なジャンルの音楽に使用され、世界中の何万、何十万人とプレイヤーが日々その腕…

2018年2月17日

ボイトレ② 声量をUPしたい

ボーカル

コラム2回目登場のボイストレーニング講師SATOです。 人前で歌うと、より一層歌への研究心が湧くと共に、今まで自分で気がつかなかった弱点と向き合う事が増えてくるはずです。でも向き合う事が出来るのは、あなたが歌が好きな証拠で、それは何より大切な事です。 ※前回の記事はこちら↓ ボイトレ① のどが苦しくなる理由と解決策 今回はボイストレーニングのポイントその②として、「声量をUPしたい」ということにつ…

2018年2月3日

ラジオとライブと守破離と部屋とYシャツと私。

その他

はじめまして。涌井慎と申します。 いまのところ、RenS(レンス)ミュージックスクールとは何の関係もありませんが、このコラムを通して、少しずつ関係を築きあげていきたいと思います。 よろしくお願いいたします。 ラジオと私。 まず、私が何者なのか?というところからお伝えせねばなりませんね。 私はエフエム京都(α-STATION)というラジオ局で、ディレクターをさせていただいています。 ラジオ番組を作っ…

2018年2月8日

スティッキングの基本!アクセント練習法

ドラム・パーカッション

前回の4ストロークについての記事の続きです。 今回は具体的にアクセントのついたフレーズを叩いていきます! 前回の記事はこちら↓ 「スティッキングの基本!4ストロークを習得しよう!」 ストロークの確認 まずはこちらの譜面を叩いてみましょう。 最初の音にアクセント、残りはノーアクセント。 譜面にはリピート記号はありませんが、これを繰り返し行います。 これをまずは右手だけで叩いてみましょう。 この4つの…

2017年7月26日

サックスってどんな楽器?

管楽器

はじめまして!この度RenSミュージックスクールでサックス講師を務めることになりました柴田康平と申します。早速このコラムの打診があり、なにを書こうかな、と考えたのですが、やはり最初は楽器に関する事を紹介していきたいと思います。 サックスってどんな楽器? 「サックス」と聞いてどんなイメージをお持ちでしょうか? ポップスやジャズでバリバリ吹いたり、歌謡曲や演歌でのむせび泣くような演奏、吹奏楽でのアンサ…

2017年5月1日