question_answerお問い
合わせ

自宅でボイトレ

2020年4月25日 ボーカル

自宅でボイトレ

コラム4回目登場のボイストレーニング講師SATOです。

今回は自宅で出来るオモシロ発声トレーニングをご紹介します。

用意するもの
① ハンカチ
② 鏡

1、鏡の前で、舌をベェーっと出す
2、舌の両サイドを、ハンカチを使い指でつまむ
3、前に引っ張り出す

この状態で、一曲歌ってみましょう。

例) ハッピバースデー トゥーユ~ など短い曲が◎

舌を引っ張り出したまま歌うので、当然歌詞は発音できない状態で大丈夫です。

さらに、もう一節歌ってみましょう。

例) 好きな曲のサビ

トレーニング完了です。
これを朝の洗顔後にでも鏡の前で1週間続けてみてください。

何の役に立つか・・・
答えは1週間後に!
と言いたいところですが(笑)

このトレーニングは、“歌う時に喉が締まって痛くなる悩み” を解決します。

舌を引っ張り出すことで、舌の根元の筋肉の硬直をほぐし、声帯で響いた音をそのまま加工せずに発声できます。

すっぴんの声を出せる状態は、喉にとっても大変気持ちがよく、あなたの喉は喜びます。

体は気持ち良いことを自然と繰り返そうとするので、毎日1分でも続けてあげると、そのうち指で引っ張り出さずとも舌の硬直ストレスがなくなり、いつでもすっぴんの声で勝負できるようになります。

チャレンジしてみてくださいね!

accessibility
この記事を書いた人

insert_drive_file
関連するコラム

ボイトレ① のどが苦しくなる理由と解決策

ボーカル

こんにちは。 ボイストレーニング講師のSATOです。 真面目に取り組んでいる人ほど、歌うたびに悩み、歌を楽しめなくなる苦しい時期を幾度も味わっている事でしょう。私は乗り越えたい壁が見えてきた人達の力になりたいと考えています。 今回はまず、ボイストレーニングのポイント①として、のどが苦しくなる理由と解決策について書きます。 のどが苦しくなる理由 歌っていて、のどが苦しくなることがあります。特に高い音…

2018年2月3日

ボイトレ② 声量をUPしたい

ボーカル

コラム2回目登場のボイストレーニング講師SATOです。 人前で歌うと、より一層歌への研究心が湧くと共に、今まで自分で気がつかなかった弱点と向き合う事が増えてくるはずです。でも向き合う事が出来るのは、あなたが歌が好きな証拠で、それは何より大切な事です。 ※前回の記事はこちら↓ ボイトレ① のどが苦しくなる理由と解決策 今回はボイストレーニングのポイントその②として、「声量をUPしたい」ということにつ…

2018年2月3日

自宅で出来る!デイリートレーニング

ドラム・パーカッション

ドラム科の伊藤です。毎日自宅で過ごしてますが皆さまいかがお過ごしでしょうか? 今回は、自宅で出来るトレーニングを少しご紹介しようかと思います。 といっても僕も大変狭い所に住んでますから結構苦労してます(笑) まず用意するモノですが、スティック、メトロノーム、そして練習用パッド(無ければ枕か自分の膝でもOK)。 あと椅子があれば。 先ずはスティックを構え ①メトロノームを♩=80〜120で鳴らし、両…

2020年4月28日

ボーカル教室(京都西京極)体験レッスンレポート

スクールブログボーカル

先日の「ボイトレ科」ボーカル教室の体験レッスンの様子をお届けします。 今回お申込みいただいたのは、バンド経験や人前で歌う予定は特にない、という女性の方。 レッスンを受けよう、と思う動機は人それぞれ。 お話を伺うと、「何か趣味が欲しい!」という思いがあり、歌が好きなのでボイストレーニングを受けてみようかな?ということでお申し込みをいただいたとのこと。 そういった方からお申し込みをいただいたのは、スク…

2018年3月27日

ボイトレ③ 歌詞をローマ字に分解して練習する

ボーカル

コラム3回目登場のボイストレーニング講師SATOです。 前回までの、 ボイトレ① のどが苦しくなる理由と解決策 ボイトレ② 声量をUPしたい これらはフィジカルなトレーニングを続ける事で必ず身につきます。 今回は少し違って、やってみるとアラ不思議、直ぐに変化を感じられる、より実践的な内容です。 歌詞をローマ字に分解して練習する さて皆さん、カラオケに行った時、声が響いてうるさい人っていますよね。 …

2018年2月3日

back numberのライブを見ました。

その他バンド

ラジオディレクターの涌井慎と申します。 RenSミュージックスクールと特別深い関係はありませんが、 こうしてコラムを執筆させていただけているというのは、 何かしらの需要があるのだと信じています。信じさせてください。 長くなるだけだからまとめるよ さて、先日 back numberのライブを 京セラドーム大阪まで、見に行ってきました。 back numberについて、ご存知ない方は是非、 「クリスマ…

2018年10月30日

ギター教室(京都西京極)体験レッスンレポート

ギタースクールブログ

先日、京都西京極「スタジオIZ」にて行われた、ギター科の体験レッスンの様子をお届けします。 今回お申込みいただいたのは、アコースティックギターをお持ちの経験者の方。 お話を伺うと、普段コードストロークなどを基本に演奏をされているとのこと。 「アルペジオなど、自分が弾き慣れない奏法を会得したい」 「ずっと自己流でやってきたので、基本から見直してみたい」 そういった想いでお申し込みをいただいたようです…

2018年6月10日

リズムが更に楽しくなるリズムアクション!

ドラム・パーカッション

皆様、はじめまして。 レンスミュージックスクール大阪校、ドラム講師 坂本剛士と申します。 皆様、ドラムアクションする上で様々なトレーニングをしておられる方が多いと思います。 そこで、ご参考までにアドバイスと、リズムの楽しさ、更に楽しくなるリズムアクションをテーマに書かさせて頂きます。 ①楽しくなるリズムアクション! ドラマーであれば誰もが通る道、スティックコントロール(ドラムスティックアクションの…

2020年5月12日