question_answerお問い
合わせ

今さら聞けない…!?代表的なギターを紹介!(エレキギター編)

2018年2月10日 ギター

前回はざっくりとギターを選んでみるという記事でしたが

※前回の記事はこちら↓
「初心者必見!これから始めるギターの選び方」

今回は少し掘り下げてギターの機種にはどんなものがあるかを見ていきましょう。

まずエレキギターの世界で有名なメーカーというと、「Fender」「Gibson」の二つの会社があります。
名前は聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。(知らないとモグリ扱いされます。)

今あるギターの基礎を作ってきたと言ってもいい二つの会社に焦点を当てていこうと思います。

◯Fender ストラトキャスター

誰もが見たことのある、これがストラトキャスターです。
通称はストラト
もちろんストラトキャスターと名乗れるのはFenderのものだけ。

シャキっとした歯切れのいい音、カッティングとの相性は最高です。
甘めの音から荒い音まで幅広くカバーでき、ジャンルを選ばない優等生。

1954年に発売開始。
テレキャスター(後述)を発展させた機種として登場、同社の中心的な機種になる。

◯Gibson レスポール(スタンダード)

こちらもよく見ると思います、レス・ポールです。
アニメ「けいおん!」で主人公が使っていたので話題になりました。

こちらは甘くふくよかな音色が特徴で深い歪みとも相性抜群、ノイズにも強い。
元々カントリー・ジャズ向けだったのでクリーンももちろん素晴らしい。

1952年にFenderのソリッドギターに対抗すために発売される。
レス・ポールはギタリストの名前で元々彼のアーティストモデルだった。

◯Fender テレキャスター

こちらも見かけることが多いですね、日本で人気が高いです。
愛称は「テレキャス」または「テレ」などなど。

ストラトよりもさらにジャキっとした硬い太い音でツマミの変化が独特です。
汎用性はストラトよりも劣る反面、インパクトのある音を作りやすい。

1950年に世界で初めての量産型ソリッドギターとして発売。
名前がコロコロ変わってテレキャスターに落ち着く。

◯Gibson SG

AC/DC(往年のハードロックバンド)の印象ですね。
最近の子には伝わらないらしい(遠い目)。
カッコイイのに。

レスポールに比べると甘めの音は残しつつカラッと歯切れのいい音
Fender系ギターとの中間くらいの位置づけ。ボディーが薄くて軽いので持っていても楽。

1961年にレス・ポールの後継機種として登場、レス・ポール本人には気に入られなかった。
今回のラインナップの中では一番新しい機種。

◯Fender Jaguar

カート・コバーン(Nirvana)の使用で有名なジャガーです。
本人はかなり改造しているのでその音をイメージして買うなら注意が必要。

音のサステイン(伸び)がなくパキパキっとした感じ。
つまり色気がなく乾燥した感じになるのでグランジなどには雰囲気合います。

1962年発売、当時の最高級機種。
当初不人気で、人気が出るのがその30年後。

◯Gibson ES-335

セミアコースティック(ボディが半空洞)ギター。通称は「335(さんさんご)」
335といえばフュージョンギタリストのラリー・カールトン。

セミアコなので胴鳴り、空間の音がかなり入ってきます。甘い音が得意
ジャズやフュージョン系でよく見る反面、ハード目のロックでも使う人次第。

1958年に量産初のセミアコースティックギターとして登場。
ソリッド、アコースティックのいいとこ取りをして成功したモデル。

◯Fender Mustang

見た目がカワイイと評判。
Char(日本のギタリスト)が使用していたことでも有名。

かなり個性的なサウンドで、チープながら暴れた音になる。
ショートスケールでボディも小ぶりなので女性人気も高い。

1964年発売開始。
こちらもジャガーと同じく当初不人気でありながら時代を越えてヒットしたモデル。

◯Gibson FlyingV

主にハードロックミュージシャンに愛されたフライングV
筆者も一台持っています。やっぱり憧れますよね(ハードロックあまりやらないけど)

見た目インパクト抜群。座って弾けない。
やや独特の音が人気な、変形ギターの代表ともいえるギター。

1958年に発売されるも98本で生産中止。
その後使用者が続出して一躍有名ギターの仲間入り。

まとめ

自分なりのざっくり解説でしたが、いかがでしたでしょうか?

Fender,Gibsonだけでもまだまだ氷山の一角です。
今中心になっているこれらのモデルは長い歴史がありますね、それだけに間違いないです。
最近は小規模なメーカーや個人ビルダーの方が増えて本当にたくさんのギターが生み出されています。

楽器は縁です、運命のギターに出会えますように!

accessibility
この記事を書いた人

insert_drive_file
関連するコラム

初心者必見!これから始めるギターの選び方

ギター

コラム初登場です。RenSミュージックスクール、ギター講師の梶原です。 どうぞよろしくお願いいたします。 今回は細かいことは抜きに一本目のギターを選ぶ際の参考になればと思います。 ギターの種類 まずざっくり大きく分けてギターは二種類あります。 ◯エレキギター 電気の力で音を大きく出す仕組みのギターですね。 本体以外にもケーブルやアンプ(スピーカー)などが必要になります。 ◯アコースティックギター …

2018年1月22日

レセプションパーティーを開催します!

スクールブログ

RenSミュージックスクールが業務提携する音楽スタジオ「スタジオIZ」にて、4企業合同のレセプションパーティーが開かれることになりました。 イベントタイトル 「OH!!JAM」 × 「RenS music school」 × 「イバシ+ヨ」 NEW OPEN Reception Party & Live event “いい感じのゾーン" 開催日時・料金 2017年11月12日(日) 12:00開場…

2017年10月18日

ベースの魅力!まずは始めてみよう〜ご挨拶編〜

ベース

RenS(レンス)ミュージックスクールのコラムをご覧頂いている皆様、こんにちは。 スーパーノアというバンドでベースを担当している岩橋と申します。 この度、ベースという楽器についてコラムを書かせてもらう事になりました。 バンドにとって、とても重要なパート、ベース。 エレキベース、ウッドベースに問わず、ベースと呼ばれる楽器は色々なジャンルの音楽に使用され、世界中の何万、何十万人とプレイヤーが日々その腕…

2018年2月17日

第1回「楽器体験ワークショップ」大盛況にて終了!

スクールブログ

暑い日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?? 先日、2017年8月11日に行われましたRenS(レンス)ミュージックスクール主催の「楽器体験ワークショップ」の様子を、こちらのスクールブログで紹介させていただきたいと思います! まず、この企画を打つきっかけになったのが、当スクールの生徒さんの一人から 「友達で、『楽器をやってみたいけど、どの楽器がどんな感じなのかわからないから二の足を踏…

2017年8月13日

サックスってどんな種類があるの?

管楽器

さて、今回は大小様々あるサックスの種類を紹介していきたいと思います。 管体の素材は真鍮が主ですが、銅成分を含んだブロンズや銀無垢のスターリングシルバー(非常に高価)など。 表面のメッキは、ラッカー、ブラックラッカー、銀メッキ、金メッキ(高価)、プラチナメッキ(非常に高価)など。 まずは主流となっている4種類のサックスの音域が高い順から。 Soprano Sax ソプラノ・サックス(Bb管) この楽…

2017年6月1日

無料体験レッスン、続々お申込みいただいています!

スクールブログ

こんにちは。RenSミュージックスクールの斉藤です。 この5月にサイトをオープンしまして、ありがたいことに早速無料体験レッスンのお申込みをいただきました! 当スクールの無料体験レッスンの雰囲気を知っていただくために、こちらのスクールブログで紹介をさせていただきたいと思います。 今回、サックスでの無料体験レッスンのお申込みをいただいたのは、楽器に全く触ったことのない、サックス初挑戦の方。 「全くやっ…

2017年5月5日

ラジオとライブと守破離と部屋とYシャツと私。

その他

はじめまして。涌井慎と申します。 いまのところ、RenS(レンス)ミュージックスクールとは何の関係もありませんが、このコラムを通して、少しずつ関係を築きあげていきたいと思います。 よろしくお願いいたします。 ラジオと私。 まず、私が何者なのか?というところからお伝えせねばなりませんね。 私はエフエム京都(α-STATION)というラジオ局で、ディレクターをさせていただいています。 ラジオ番組を作っ…

2018年2月8日

アルト・サックスの演奏を聴いてみよう

管楽器

前回のソプラノ・サックスに続いて、今回はアルト・サックスの演奏をご紹介したいと思います! ご興味のある方はもちろん、すでにサックスをされている方は、自分のやっている楽器はどんな音色があって、どんな演奏が出来るのか?という事や、好きなスタイルやプレーヤーをみつけて、「この音色が好み!」「こういう風に演奏したい!」というイメージを持つのはとっても大事なことなので、ぜひ参考にして下さいね。 アルト・サッ…

2017年9月13日