question_answerお問い
合わせ

ボイトレ③ 歌詞をローマ字に分解して練習する

2018年2月3日 ボーカル

コラム3回目登場のボイストレーニング講師SATOです。 

前回までの、

ボイトレ① のどが苦しくなる理由と解決策
ボイトレ② 声量をUPしたい

これらはフィジカルなトレーニングを続ける事で必ず身につきます。

今回は少し違って、やってみるとアラ不思議、直ぐに変化を感じられる、より実践的な内容です。

歌詞をローマ字に分解して練習する

さて皆さん、カラオケに行った時、声が響いてうるさい人っていますよね。
違う部屋なのに鼓膜にビンビン響いてくる嫌な歌声というのがあります。
耳が痛い歌声。これはいったい何なんでしょう。
 
結論から言うと、このビンビン響く耳の痛くなる歌声には“子音”が無いのです。
つまり、「あ・い・う・え・お」の母音ばかりが聞こえてきています。
 
チューリップの花で説明すると、
「あーいーあ~、あーいーあ~、うーいっうーおー、あーあーあ~」
と聞こえているのです。

「さーいーたー、さーいーたー、チューリップ―のー、はーなーがー」
本当はこうですよね。
 
しかしながら、これは自覚なしに沢山の人におこっている現象だと私は思っています。

考えられる大きな原因は、日本語の発音で子音はあまり重要でなく、普段から子音をしっかり発音する必要性が無いので誰もが苦手なのです。日本語がダメという事ではありません。英語圏の人が英語の発音のまま日本語を話すと、これはこれで子音が強すぎてギコチナク聞こえるものです。
 
今回はやるとやらないで大違い、歌が垢抜ける方法です。

歌詞をローマ字で書きおこしてください(ラ行はLで)。


 
日本語はどの文字にも母音があり、それは「あ・い・う・え・お」で問題ありません。しかし子音が先行している文字はそれを先に発音してあげなければ、本来、音として完成しません。
ここに来てボイトレ①ボイトレ②で理解し、鍛えてきた『息』が大活躍します。

子音は、息のストレス(パワー)なしに発音する事は出来ない、息を使った音なのです。
息が舌先をかすめたり、唇をはじいたり、鼻の奥を響かせたりする、そういう音が子音です。
 
上のように歌詞をローマ字に分解し、子音の発音を息を使って確認してから、もう一度歌ってみてください。耳心地の良い歌声になってくるのが直ぐに実感できるはずです。
前回までに理解した息使いや、息が歌声になるきっかけ、を実践的につかめます。

*英語の歌詞を歌う時も同じく、子音を丁寧に練習すれば、見違えるほど良くなります。
 
 

まとめ

いかがでしたか?

意識してトレーニングした事や努力して身に付いた事は、あなたの実力として今後離れていくことはないでしょう。そして人に教える事も出来るようになっていきます。歌に携わって頑張った分、必ず歌はあなたの人生を応援してくれます!

歌って、本当に良いものですね〜
さよなら。さよなら。さよなら…

accessibility
この記事を書いた人

insert_drive_file
関連するコラム

ボイトレ② 声量をUPしたい

ボーカル

コラム2回目登場のボイストレーニング講師SATOです。 人前で歌うと、より一層歌への研究心が湧くと共に、今まで自分で気がつかなかった弱点と向き合う事が増えてくるはずです。でも向き合う事が出来るのは、あなたが歌が好きな証拠で、それは何より大切な事です。 ※前回の記事はこちら↓ ボイトレ① のどが苦しくなる理由と解決策 今回はボイストレーニングのポイントその②として、「声量をUPしたい」ということにつ…

2018年2月3日

ボイトレ① のどが苦しくなる理由と解決策

ボーカル

こんにちは。 ボイストレーニング講師のSATOです。 真面目に取り組んでいる人ほど、歌うたびに悩み、歌を楽しめなくなる苦しい時期を幾度も味わっている事でしょう。私は乗り越えたい壁が見えてきた人達の力になりたいと考えています。 今回はまず、ボイストレーニングのポイント①として、のどが苦しくなる理由と解決策について書きます。 のどが苦しくなる理由 歌っていて、のどが苦しくなることがあります。特に高い音…

2018年2月3日

鎌倉の曲を聴いたら鎌倉を思い出さないといけないのか

その他

ラジオディレクターの涌井慎と申します。 RenSミュージックスクールと特別深い関係はありませんが、 こうしてコラムを執筆させていただけているというのは、 何かしらの需要があるのだと信じています。信じさせてください。 マンピーの意味は広辞苑には載ってません 私の趣味嗜好なんぞ、誰も興味はなかろうと思いますが、 私、昔からサザンオールスターズと桑田佳祐さんのことが大好きです。 ちょっとエッチな歌詞があ…

2018年4月24日

サックスってどんな楽器?

管楽器

はじめまして!この度RenSミュージックスクールでサックス講師を務めることになりました柴田康平と申します。早速このコラムの打診があり、なにを書こうかな、と考えたのですが、やはり最初は楽器に関する事を紹介していきたいと思います。 サックスってどんな楽器? 「サックス」と聞いてどんなイメージをお持ちでしょうか? ポップスやジャズでバリバリ吹いたり、歌謡曲や演歌でのむせび泣くような演奏、吹奏楽でのアンサ…

2017年5月1日

無料体験レッスン、続々お申込みいただいています!

スクールブログ

こんにちは。RenSミュージックスクールの斉藤です。 この5月にサイトをオープンしまして、ありがたいことに早速無料体験レッスンのお申込みをいただきました! 当スクールの無料体験レッスンの雰囲気を知っていただくために、こちらのスクールブログで紹介をさせていただきたいと思います。 今回、サックスでの無料体験レッスンのお申込みをいただいたのは、楽器に全く触ったことのない、サックス初挑戦の方。 「全くやっ…

2017年5月5日

スティッキングの基本!アクセント練習法

ドラム・パーカッション

前回の4ストロークについての記事の続きです。 今回は具体的にアクセントのついたフレーズを叩いていきます! 前回の記事はこちら↓ 「スティッキングの基本!4ストロークを習得しよう!」 ストロークの確認 まずはこちらの譜面を叩いてみましょう。 最初の音にアクセント、残りはノーアクセント。 譜面にはリピート記号はありませんが、これを繰り返し行います。 これをまずは右手だけで叩いてみましょう。 この4つの…

2017年7月26日

サックスってどんな種類があるの?

管楽器

さて、今回は大小様々あるサックスの種類を紹介していきたいと思います。 管体の素材は真鍮が主ですが、銅成分を含んだブロンズや銀無垢のスターリングシルバー(非常に高価)など。 表面のメッキは、ラッカー、ブラックラッカー、銀メッキ、金メッキ(高価)、プラチナメッキ(非常に高価)など。 まずは主流となっている4種類のサックスの音域が高い順から。 Soprano Sax ソプラノ・サックス(Bb管) この楽…

2017年6月1日

第1回「楽器体験ワークショップ」大盛況にて終了!

スクールブログ

暑い日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?? 先日、2017年8月11日に行われましたRenS(レンス)ミュージックスクール主催の「楽器体験ワークショップ」の様子を、こちらのスクールブログで紹介させていただきたいと思います! まず、この企画を打つきっかけになったのが、当スクールの生徒さんの一人から 「友達で、『楽器をやってみたいけど、どの楽器がどんな感じなのかわからないから二の足を踏…

2017年8月13日