question_answerお問い
合わせ

サックスってどんな種類があるの?

2017年6月1日 管楽器

さて、今回は大小様々あるサックスの種類を紹介していきたいと思います。

管体の素材は真鍮が主ですが、銅成分を含んだブロンズや銀無垢のスターリングシルバー(非常に高価)など。
表面のメッキは、ラッカー、ブラックラッカー、銀メッキ、金メッキ(高価)、プラチナメッキ(非常に高価)など。

まずは主流となっている4種類のサックスの音域が高い順から。

Soprano Sax ソプラノ・サックス(Bb管)

この楽器を専門にしている奏者は非常に少ないですが、独特の透明感のある音色や、突き刺すような激しい音色まで幅広く、様々なジャンルで使われています。アルト以下の楽器に比べてマウスピースが小さいので、音程のコントロールはやや難しいです。

ストレート・タイプ

デタッチャブル・タイプ(ネックがストレート、カーブドの2種類使用できる)

カーブド・タイプ

Alto Sax アルト・サックス(Eb管)

代表的なサックス。安定感、音色など大変バランスが取れており、クラッシク・サックスの世界ではアルトサックス用の楽曲やエチュードの量は圧倒的に多く、不動の地位にあります。
もちろんジャズやポップスでも重用されています。

非常にレアですが、ストレート・アルトという楽器もあります!

Tenor Sax テナー・サックス(Bb管)

アルトと並んで代表的なサックス。クラシックでは日陰の存在ですが、ジャズではスーパースター楽器!高音域でもキンキンしない音域なので、安定感があり長時間聴いていても疲れにくいです。

Bariton Sax バリトン・サックス(Eb管)

豊かな音量と安定感で、低音パートを担当することが多いバリトン・サックス。
しかしソロを吹いてもなかなかいい味が出せます。以外とバリトン好きの女性も多いとか(噂)。

次に、なかなか見かけないであろう、希少な種類のサックスを紹介していきます!
(サックスだけで10人、20人、時にはそれ以上集まってオーケストラの曲を演奏したりする「ラージ・アンサンブル」で使用されるのがほとんどです。)

Sopranino Sax ソプラニーノ・サックス(Eb管)

アルト・サックスのちょうど1オクターブ上のサックス。
音程の調整が非常に難しく、なかなか扱いにくいでしょう。

Soprillo Sax ソプリーロ・サックス(Bb管)

ソプラノ・サックスの1オクターブ上(!!)Ebクラリネット用のリードを使用します。
もう超音波です笑
プロでも何ヶ月か訓練が必要だとメーカーサイトに書いてありました。
音程の調整、、、が出来るようになれば御の字でしょう(最高難易度)。

Bass Sax バス・サックス(Bb管)

バリトンより一回り大きいバス・サックス。ごくたまに個人所有されている方もおられるそう。
少し前にCMで、さかなクンがスカパラと共演したときに話題になっていたのがバス・サックスです。

Contrabass Sax コントラバス・サックス(Eb管)

サックス族の中で最低音、コントラバス・サックス。世界でも20本程度、日本でも3本ほどしかないらしいです。私もこれだけは見た事がありません。メーカーによって多少大きさは違うようですが2全長200センチ前後で、全ての管楽器の中で「最も大きな楽器」なんだとか。

また、コントラバスをコンパクトにして(ホースを巻くように管体を巻いて)、バリトンのマウスピースで吹けるようにした新設計のコントラバス、「Tubax(チューバックス)」という楽器もあります。

このコラムを書きながら調べものをしていると、コントラバスよりさらに音域が低いであろう、「Sub Contrabass Sax」なる楽器もでてきました。

もう、なんだかわかりませーん笑

さらに番外編として、

C Melody Sax(C管)

20世紀初頭のみ製造されていた、C管のサックス。

C Melody Tenor

C Melody Soprano

Saxello サクセロ(Bb管)

ベルが90°曲げられたソプラノサックスです。1920、30年代に少量だけ生産された希少なサックスです。ローランド・カークの使用が有名。

3本同時吹きの時の一番右手側にあるのがサクセロ。

以上、駆け足でいろんな種類のサックスをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
次回以降は主要なサックスを1種類ずつ掘り下げてみたいと思います!

accessibility
この記事を書いた人

insert_drive_file
関連するコラム

サックスってどんな楽器?

管楽器

はじめまして!この度RenSミュージックスクールでサックス講師を務めることになりました柴田康平と申します。早速このコラムの打診があり、なにを書こうかな、と考えたのですが、やはり最初は楽器に関する事を紹介していきたいと思います。 「サックスってどんな楽器?」 「サックス」と聞いてどんなイメージをお持ちでしょうか? ポップスやジャズでバリバリ吹いたり、歌謡曲や演歌でのむせび泣くような演奏、吹奏楽でのア…

2017年5月1日

ソプラノ・サックスの演奏を聴いてみよう

管楽器

さて、今回は様々な年代のソプラノ・サックスの演奏を聴いてみましょう。 ※私の趣味志向がもちろん入っていますのであしからず。 まずは管楽器の音域表をみてみましょう。 ソプラノサックスの基本音域はオーボエとほぼ同じくらいですね。ソプラノというだけあって、高音域を担当する楽器です。 では順を追って紹介していきます。 Sidney Bechet(シドニー・ベシェ) 1897-1959 https://yo…

2017年7月12日

アルト・サックスの演奏を聴いてみよう

管楽器

前回のソプラノ・サックスに続いて、今回はアルト・サックスの演奏をご紹介したいと思います! ご興味のある方はもちろん、すでにサックスをされている方は、自分のやっている楽器はどんな音色があって、どんな演奏が出来るのか?という事や、好きなスタイルやプレーヤーをみつけて、「この音色が好み!」「こういう風に演奏したい!」というイメージを持つのはとっても大事なことなので、ぜひ参考にして下さいね。 アルト・サッ…

2017年9月13日

無料体験レッスン、続々お申込みいただいています!

スクールブログ

こんにちは。RenSミュージックスクールの斉藤です。 この5月にサイトをオープンしまして、ありがたいことに早速無料体験レッスンのお申込みをいただきました! 当スクールの無料体験レッスンの雰囲気を知っていただくために、こちらのスクールブログで紹介をさせていただきたいと思います。 今回、サックスでの無料体験レッスンのお申込みをいただいたのは、楽器に全く触ったことのない、サックス初挑戦の方。 「全くやっ…

2017年5月5日

スティッキングの基本!4ストロークを習得しよう!

ドラム・パーカッション

ドラムを演奏する上で、欠かせないもの。 数え切れないほどたくさんありますが、やっぱりまずはスティッキングですよね! 今回は、スティックコントロールを行う上で欠かせない「アクセント」の練習法について紹介します。ルーディメンツをやっていくためにも、ここは避けては通れない道です! さて、まずは「アクセント」とは何か?ということについて。 「毎日同じような日々を過ごしてて退屈だなぁ〜。たまには生活にアクセ…

2017年4月28日

お友達紹介キャンペーン開催中!

スクールブログ

RenSミュージックスクールでは「お友達紹介キャンペーン」を開催中です! 会員の方からのご紹介でご入会いただいた方には、入会金を半額の1,500円(税込)とさせていただきます! さらには、ご紹介いただいた会員の方には1,000円分のQUOカードをプレゼント! 紹介を受けた方 無料体験レッスンのお申し込み時に、「〇〇科の〇〇さんからの紹介です」とお伝えください。無料体験レッスンをご受講後、入会時の入…

2017年6月17日

第1回「楽器体験ワークショップ」大盛況にて終了!

スクールブログ

暑い日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?? 先日、2017年8月11日に行われましたRenS(レンス)ミュージックスクール主催の「楽器体験ワークショップ」の様子を、こちらのスクールブログで紹介させていただきたいと思います! まず、この企画を打つきっかけになったのが、当スクールの生徒さんの一人から 「友達で、『楽器をやってみたいけど、どの楽器がどんな感じなのかわからないから二の足を踏…

2017年8月13日

スティッキングの基本!アクセント練習法

ドラム・パーカッション

前回の4ストロークについての記事の続きです。 今回は具体的にアクセントのついたフレーズを叩いていきます! 前回の記事はこちら↓ 「スティッキングの基本!4ストロークを習得しよう!」 まずはこちらの譜面を叩いてみましょう。 最初の音にアクセント、残りはノーアクセント。 譜面にはリピート記号はありませんが、これを繰り返し行います。 これをまずは右手だけで叩いてみましょう。 この4つの音が、それぞれどの…

2017年7月26日