question_answerお問い
合わせ

リズムが更に楽しくなるリズムアクション!

2020年5月12日 ドラム・パーカッション

皆様、はじめまして。

レンスミュージックスクール大阪校、ドラム講師 坂本剛士と申します。

皆様、ドラムアクションする上で様々なトレーニングをしておられる方が多いと思います。
そこで、ご参考までにアドバイスと、リズムの楽しさ、更に楽しくなるリズムアクションをテーマに書かさせて頂きます。

①楽しくなるリズムアクション!

ドラマーであれば誰もが通る道、スティックコントロール(ドラムスティックアクションの奏法や技法)など、日々トレーニングする中で、こういう経験したことはないでしょうか?

例えば、
メトロノームのクリック音、(カチカチという音など)に合わせて練習する中で、

“クリック音が消えた!!”

私は、最初トレーニングしていて、
メトロノームのクリック音が消えてしまって、

“電池無くなった?
バッテリー切れかな?”

もしくは、

“壊れたんかな?”

と思い、手を止めてみたら
実はしっかりメトロノームは動いていて、クリックがちゃんと鳴っていたんですよね!(笑)

そこで、気づいたのが、
“クリック音とアタック音がしっかり重なり、ジャストミートしたら、クリック音が消えてる様に聞こえる!”
という事なんです。

つまり、
正確にリズムを刻み、メトロノームのクリック音が
“聞こえずリズムキープしている!”

という事なんです。

その時は、
“メトロノームが俺に合わせとんとちゃうか!”
と錯覚に陥る不思議な現象が身体で体感し、
更に楽しくなったのを覚えてます。

なんか、面白いですよね。

しかし、メトロノームとのズレが生じている場合、
メトロノームのクリック音は聞こえるので、
“リズムがずれている”
という事なんです。
“正確なリズムアクションができていない”
という事なんです。

繊細な練習法ですが、
一度試してみてはいかがでしょうか?

ジャストミートしている時の気持ち良さと楽しさが体感できるので、
是非オススメです。

題して
“メトロノームクリック音を消してみよう!”

トライしてみてはいかがでしょうか。(笑)

bpm(テンポ)は、だいたい80から90ぐらいからスタートして、スピードを徐々に上げていくと良いでしょう!

☆あとオススメしたいのが、
“beat maker go”というミュージックアプリがあります。

このアプリは楽曲制作機能、メトロノーム機能、エフェクト機能(音色加工)などかあり、
ベースの音や、キーボード、ギターやその他、様々な音色など加工しながら制作出来るという優れ物でして、
当然、リズム制作も出来ます。(電子音的な感じ)

ですが、電子音ならではのリズムパターンやその他楽器などをチョイスし、それをスピーカーなどで流しながら、生ドラムやパーカッションなどでリズムアクションしながら、まるでアンサンブルをしているかの如く、
セッションやリズムトレーニングにもなる!
という事も可能です。

なんと素晴らしい!
1人で練習している感がないので、楽しいと思います。

写真の様に、画面上にPADが並んでいます。
上部にある◉をタップしたら録音できます。
PADの位置により音色が異なり、右上部分のAとBのマークがあります。

要するに、
Aのパターンと、Bのパターンで作曲可能となります。

☆Aパターン
☆Bパターン

を組み合わせて合わせる事も可能なので、
これがなかなか
“楽しい!!”んです!

興味ある方は、是非お試しください。

(基本無料アプリですが、中に課金されるのもありますので、ご注意ください。)

②楽しくなるリズムアクション!

リズム用語として、
“オンビート”
“オフビート”
“ゴーストノート”

などの用語があります。

“オンビート”
オンタイム(メトロノームのクリック音)で鳴っているビート音

“オフビート”
オンタイムでは鳴っていない音ですが流れているビート音

“ゴーストノート”
オフビートに近いんですが、本来鳴っていない音を
“あえて小さい音で鳴っている音”をいいます。
鳴っていない場合もありますが、鳴っていない音を鳴らすがポイント!

その3種類のビートアクションを使用し、応用することで、バリエーションが増え、
あらゆる楽曲に対応するのに、効果的なリズムアクションができる!
ようになります。

この3種のビートアクションは、

いわゆるオンタイム
(4分音符、8分音符、16分音符など)を刻みながら、
オフビートを感じながら、
リズムアクションする。
更にゴーストノートを加えたリズムアクションをする。

更に応用すると、それらのビートアクションを操れるようになります。
“独自のリズム”を
“デザインしていける!”

ことが可能になります。

アクセントをつけての抑揚感、グルーヴ感をだしながらドラムキットの叩く場所を変え、
音色をかえてリズムアクションができるようになると、更にリズムに対して表現のバリエーションが広がります。

まるで、
“絵を描いている様なドラミング!”

をすることが可能となります。

☆ジャンルによってスタイルや、様々なリズムの取り方や捉え方が違いますが、
応用することで、独自のリズムスタイルで対応する事が可能となります。

(文章で表現するのは限界があるので、なかなか難しいですが、)

それぐらい”リズム”というのは奥が深く、魅了され虜になるでしょう!

やればやるほど楽しくなるのではないでしょうか?

ドラムやパーカッションの様な打楽器は、
メロディ楽器ではないため、
リズムアクションや、ビートアクション、音色を変えて演奏し、表現をすることが多いです。

ドラムやパーカッションでのソロライブや、
パフォーマンスでは、
その空間を
“音で絵を描く様なパフォーマンスライブ!”
音は目には見えないので、
リズムを奏でる事で、耳に入り、頭の中で情景や、風景が浮かんでくる様な演奏ができるようになります。

今は、電子ドラムなどで音色が多彩。
そしてエフェクト(音色加工)などを使用したドラムやパーカッションライブなど、”無限大の楽しさ!”がありますので、
興味ある方は是非試してみてはいかがでしょうか?

☆あと、楽しくなる!リズムアクションの補足として、
先程のオンビートリズム、

例えば、
ハイハットはオンビート、バスもオンビートに対し、スネアのアタックを気持ちずらす。

後ろにずらすアクション
(溜め気味にする感じ)

前のめりにずらすアクション
(若干走らす、または噛む感じ)

なども面白いです。

ハイハットはオンビートで、
バスのアタックを溜め気味にし、
スネアのアタックを走らす感じにしたりとか。
(笑)

私が好きなリズムの中に、
“lade-back”
“レイドバック”

というリズムがあります。
何かというと、

オンタイムオンビートに対し遅らせてリズムアクションする奏法で、
わかりやすく言えば、

こんな感じになります。
マニアックなやり方ですが、はまれば楽しいリズムです。
意外に効果的に使われたりします。

特にラテンミュージックや、アフリカンミュージックなど、
ワールドミュージックには取り入れられています。
(主にダンサブルな音楽)

特にボサノバ、サンバ、サルサ、などは、
“溜めて走る”や、
“走る溜める”が多いですね。

基本オンタイムオンビートなんですが、フィルインやベーシックリズム自体が、
“溜める走る””走る溜める”
の応用が多いです。
(楽譜では表せない音符などがあります。)

例えば口に出して表現する音、それを音にだすなどのリズム
(口で喋りながら奏でるリズムなど…)

ター、タ、ティー、トゥン
ドゥン、パ、タパ、テケ、テケナ、ナ、ティキ…
その他、

など…など。

面白いですね。(笑)

ご参考までに。

☆それとはまた別に、リズムがない楽曲に、
“あえてリズムをつけてみる”
のも、面白いと思います。

リズムがない楽曲は、
まず、何拍子かな?
と考えながら聴き、

どんなリズムが合うかな?とか、どんな音色にしようかな?
とかを考えるので、イメージトレーニングとしても、効果的です。

リズムがない楽曲は、いわゆる自由にリズムを入れていけるので、自由な分、バリエーションと引き出しの多さと対応力が求められてきます。

ある意味難しいですけど、これがまた、
“楽しい!!”
になる。

例えば、仲間や友達同士で、好きなリズムのない楽曲を決めて、プレイしてみよう!と言って、
それを自分ならこんなリズム、仲間や友達はこんなリズム、みたいに聴き比べてバリエーションを増やしていくのも楽しさの一つかなと思います。

そうやって、
“リズムって楽しい!”
って思い感じて頂けたら嬉しいです。(笑)

長々と書きましたが、
読んでくださり、ありがとうございました。
また、機会があれば楽しいリズム紹介など、させていただきます。

accessibility
この記事を書いた人

insert_drive_file
関連するコラム

スティッキングの基本!アクセント練習法

ドラム・パーカッション

前回の4ストロークについての記事の続きです。 今回は具体的にアクセントのついたフレーズを叩いていきます! 前回の記事はこちら↓ 「スティッキングの基本!4ストロークを習得しよう!」 ストロークの確認 まずはこちらの譜面を叩いてみましょう。 最初の音にアクセント、残りはノーアクセント。 譜面にはリピート記号はありませんが、これを繰り返し行います。 これをまずは右手だけで叩いてみましょう。 この4つの…

2017年7月26日

ムジカムジナ2019 リズム体験ワークショップレポート

スクールブログ

2019年4月13日(土)に開催された、京都河原町付近の5つの会場を使用したライブ・サーキット『ムジカムジナ2019』の1枠で、RenSミュージックスクールとして「リズム体験ワークショップ」を実施しました! ホスト・ミュージシャンの演奏にあわせて、ご来場の方々にパーカッション演奏を体験してもらおう!という試みです。 ホスト・ミュージシャンにはRenSミュージック・スクールから斉藤慶司(代表、Dr,…

2019年4月15日

「第2回トライアルセッション」開催レポート

スクールブログ

2019年10月20日(日)に行われた「第2回トライアルセッション」の様子をこちらのスクールブログにて紹介させていただきます。 毎年6月に開催の発表会では生徒様お一人で、他パートは講師が伴奏、1発勝負の演奏なのですが、 トライアルセッションではもっと気軽にバンド・アンサンブルを楽しんでもらおう! という企画です。 第1回の模様はこちら http://rens-music.com/2019/01/「…

2019年10月25日

ドラム教室(京都河原町)体験レッスンレポート

スクールブログドラム・パーカッション

先日、京都河原町「T’Sスタジオ」にて行われたドラム科の体験レッスンの様子をお届けします。 今回お申し込みいただいたのは、「ほとんど触ったことないけれど、ドラムをやってみたい!」という女性の方。 やはりドラムは「やってみたい!」という魅力を持つ楽器ですよね。 自分自身でリズムを叩き出す快感は、一度味わえばはまってしまう方が多いように思います(笑)。 さて、今回の担当は佐藤香里先生。 自身のバンド「…

2018年5月10日

ドラム教室(京都西京極)体験レッスンレポート

スクールブログドラム・パーカッション

こんにちは〜!! もう梅雨入りして、紫陽花の綺麗な季節になりましたね。 雨が多くて気分が沈みがちな時期かもしれませんが、個人的には雨は嫌いではありません。 こんな時こそ、スタジオに入って楽器を練習する良いチャンスかもしれません!! さて、ご好評いただいておりますRenSミュージックスクールの無料体験レッスンの様子をこちらのブログにてお伝えさせていただこうと思います。 今回ご紹介させていただくのは、…

2017年6月17日

「第3回トライアルセッション」開催レポート

スクールブログ

2020年1月26日(日)に行われた「第3回トライアルセッション」の様子をこちらのスクールブログにて紹介させていただきます。 レンスミュージックスクールでは、毎年6月にスクール発表会を開催しています。 発表会では生徒さん以外のパートを全て講師が担当し、より質の高いアンサンブル環境となっているのですが、なんせこちらは一発勝負。 ライブハウスでお客さんもいる状態なので、緊張感もかなり高い状態での演奏で…

2020年1月31日

スティッキングの基本!4ストロークを習得しよう!

ドラム・パーカッション

ドラムを演奏する上で、欠かせないもの。 数え切れないほどたくさんありますが、やっぱりまずはスティッキングですよね! 今回は、スティックコントロールを行う上で欠かせない「アクセント」の練習法について紹介します。ルーディメンツをやっていくためにも、ここは避けては通れない道です! アクセントとは さて、まずは「アクセント」とは何か?ということについて。 「毎日同じような日々を過ごしてて退屈だなぁ〜。たま…

2017年4月28日

第1回「楽器体験ワークショップ」大盛況にて終了!

スクールブログ

暑い日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?? 先日、2017年8月11日に行われましたRenS(レンス)ミュージックスクール主催の「楽器体験ワークショップ」の様子を、こちらのスクールブログで紹介させていただきたいと思います! まず、この企画を打つきっかけになったのが、当スクールの生徒さんの一人から 「友達で、『楽器をやってみたいけど、どの楽器がどんな感じなのかわからないから二の足を踏…

2017年8月13日