question_answerお問い
合わせ

ラジオとライブと守破離と部屋とYシャツと私。

2018年2月8日 その他

はじめまして。涌井慎と申します。

いまのところ、RenS(レンス)ミュージックスクールとは何の関係もありませんが、このコラムを通して、少しずつ関係を築きあげていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

ラジオと私。

まず、私が何者なのか?というところからお伝えせねばなりませんね。

私はエフエム京都(α-STATION)というラジオ局で、ディレクターをさせていただいています。
ラジオ番組を作っているのです。

選曲をしたり、DJさんが話すネタを探したり、原稿を書いたり。
そういう準備を整えたうえで、生放送にのぞみます。

しかし、生放送なので、アクシデントはつきものです。

大きなニュースが入り、話す内容を差し替えなければならなかったり、
お天気が荒れているため、予想以上に天気予報が長くなったため、
予定した曲をカットせざるをえなくなったり。
雪の影響で電車が止まってしまったため、
電車の運行状況をお伝えしなければならなくなったり。

こうしたことが起こると、
せっかく準備していたものが台無しになってしまいます。
原稿を書くにも、選曲をするにも、もちろん時間がかかっているので、
事前にそのために費やした時間は無駄になってしまうわけです。

そうして予期せぬことが起こるかもしれないのであれば、
最初から準備などしなければいいと思われるかもしれませんが、
そんなことはありません。

事前にしっかりと準備しておくからこそ、
いざ何かが起こったときに対処できるものなのです。

ライブと私。

バンドのライブも同じですよね。
例えセットリストが同じで、会場も同じだったとしても、
全く同じライブなど、できるはずがありません。

ギターの弦が切れてしまうこともあるでしょう。
突然声が出なくなることもあるかもしれません。
スネアの皮が突然破れてしまったり、
モニターから音が全く聞こえなくなってしまったり、
突然の便意に耐えられなくなったり、
自分たちの出番になった途端、お客さんがいなくなったり。
全て決して無い話ではありません。

こうした突然の出来事に上手く対処することがライブの醍醐味だったりもします。
では その急なアクシデントに対応するためには何をしておけばよいかというと、
やはり、愚直なまでに繰り返し繰り返し、リハーサルを行い、自分たちの「型」を作り上げることではないでしょうか。

守破離と私。

剣道や茶道の世界では「守破離」という言葉があります。

「守」は、師匠や流派の教え、型、技を忠実に守り、確実に身につける段階。
「破」は、他の師匠や流派の教えについても考え、良いものを取り入れ、
心技を発展させる段階。
「離」は、一つの流派から離れ、独自の新しいものを生み出し確立させる段階です。

バンドも好きなバンドをコピーすることからスタートして、
他のバンドの良い部分を吸収しつつ、
最終的にオリジナルの「型」を作り出していきます。

オリジナルの「型」にこだわるあまり、
「守」と「破」を飛ばしてしまうと、深みが出ません。
飽きられやすいのです。知りませんけど。

一本のライブについても同じことがいえます。
セットリスト通りのリハーサルを何度も何度も繰り返していると、
ライブ当日を迎える頃には自分たち自身が、その演出に飽きてしまいます。
しかし、飽きるくらい繰り返すことで、
頭ではなく、体で、ハートで覚えることができるのです。
細胞レベルまで染み込ませることによって、
いかなるアクシデントにも対応することができるようになるのです。知りませんけど。

ライブに慣れてくると、どうしても1本のライブを「こなす」感じになってしまいます。
ベテランのライブバンドがかっこいいライブをするのに
お客さんの数が減っていってしまうという現象がありますが、
これは1本のライブへの「覚悟」が見えにくくなっていることが、
原因になっているのかもしれませんね。知りませんけど。

部屋とYシャツと私。

最後に・・部屋はキレイにしておくに限ります。

といっても、きちんと片付けておく必要はありません。
何がどこにあるか?をしっかり把握しておけばよいのです。
他人が見て散らかっていたとしても、部屋を使うのは自分です。
自分にとって使いやすければ、それで問題ありません。

逆にしっかり片付いていても、使いにくければ意味がありません。
ひと様の目を気にして整理整頓するのではなく、
自分の使い勝手だけを考えておけばよいのです。

ところがYシャツの着こなしについては、
そういうわけにもいきません。
自分が納得していれば、表裏逆に着ていてもいいのか?といえば、
答えはNo!。
これではYシャツではなくNシャツになってしまいます。
Yシャツは 誰から見ても、しっかり着こなせている
「Yes」の「Y」でなくてはならないのです。

愛するお客さんのために、
毎日、自分だけのYシャツを磨いておくことも、
バンドにとって必要なのではないでしょうか。
知りませんけど。

accessibility
この記事を書いた人

insert_drive_file
関連するコラム

ボイトレ③ 歌詞をローマ字に分解して練習する

ボーカル

コラム3回目登場のボイストレーニング講師SATOです。 前回までの、 ボイトレ① のどが苦しくなる理由と解決策 ボイトレ② 声量をUPしたい これらはフィジカルなトレーニングを続ける事で必ず身につきます。 今回は少し違って、やってみるとアラ不思議、直ぐに変化を感じられる、より実践的な内容です。 歌詞をローマ字に分解して練習する さて皆さん、カラオケに行った時、声が響いてうるさい人っていますよね。 …

2018年2月3日

無料体験レッスン、続々お申込みいただいています!

スクールブログ

こんにちは。RenSミュージックスクールの斉藤です。 この5月にサイトをオープンしまして、ありがたいことに早速無料体験レッスンのお申込みをいただきました! 当スクールの無料体験レッスンの雰囲気を知っていただくために、こちらのスクールブログで紹介をさせていただきたいと思います。 今回、サックスでの無料体験レッスンのお申込みをいただいたのは、楽器に全く触ったことのない、サックス初挑戦の方。 「全くやっ…

2017年5月5日

ボイトレ② 声量をUPしたい

ボーカル

コラム2回目登場のボイストレーニング講師SATOです。 人前で歌うと、より一層歌への研究心が湧くと共に、今まで自分で気がつかなかった弱点と向き合う事が増えてくるはずです。でも向き合う事が出来るのは、あなたが歌が好きな証拠で、それは何より大切な事です。 ※前回の記事はこちら↓ ボイトレ① のどが苦しくなる理由と解決策 今回はボイストレーニングのポイントその②として、「声量をUPしたい」ということにつ…

2018年2月3日

ボイトレ① のどが苦しくなる理由と解決策

ボーカル

こんにちは。 ボイストレーニング講師のSATOです。 真面目に取り組んでいる人ほど、歌うたびに悩み、歌を楽しめなくなる苦しい時期を幾度も味わっている事でしょう。私は乗り越えたい壁が見えてきた人達の力になりたいと考えています。 今回はまず、ボイストレーニングのポイント①として、のどが苦しくなる理由と解決策について書きます。 のどが苦しくなる理由 歌っていて、のどが苦しくなることがあります。特に高い音…

2018年2月3日

初心者必見!これから始めるギターの選び方

ギター

コラム初登場です。RenSミュージックスクール、ギター講師の梶原です。 どうぞよろしくお願いいたします。 今回は細かいことは抜きに一本目のギターを選ぶ際の参考になればと思います。 ギターの種類 まずざっくり大きく分けてギターは二種類あります。 ◯エレキギター 電気の力で音を大きく出す仕組みのギターですね。 本体以外にもケーブルやアンプ(スピーカー)などが必要になります。 ◯アコースティックギター …

2018年1月22日

スティッキングの基本!4ストロークを習得しよう!

ドラム・パーカッション

ドラムを演奏する上で、欠かせないもの。 数え切れないほどたくさんありますが、やっぱりまずはスティッキングですよね! 今回は、スティックコントロールを行う上で欠かせない「アクセント」の練習法について紹介します。ルーディメンツをやっていくためにも、ここは避けては通れない道です! アクセントとは さて、まずは「アクセント」とは何か?ということについて。 「毎日同じような日々を過ごしてて退屈だなぁ〜。たま…

2017年4月28日

ドラム無料体験レッスンの様子をお届けします!

スクールブログ

こんにちは〜!! もう梅雨入りして、紫陽花の綺麗な季節になりましたね。 雨が多くて気分が沈みがちな時期かもしれませんが、個人的には雨は嫌いではありません。 こんな時こそ、スタジオに入って楽器を練習する良いチャンスかもしれません!! さて、ご好評いただいておりますRenSミュージックスクールの無料体験レッスンの様子をこちらのブログにてお伝えさせていただこうと思います。 今回ご紹介させていただくのは、…

2017年6月17日

第1回「楽器体験ワークショップ」大盛況にて終了!

スクールブログ

暑い日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?? 先日、2017年8月11日に行われましたRenS(レンス)ミュージックスクール主催の「楽器体験ワークショップ」の様子を、こちらのスクールブログで紹介させていただきたいと思います! まず、この企画を打つきっかけになったのが、当スクールの生徒さんの一人から 「友達で、『楽器をやってみたいけど、どの楽器がどんな感じなのかわからないから二の足を踏…

2017年8月13日